塩で歯を白くすることができるのか!?果たしてその効果とは?

歯が丈夫なお年寄りに話を聞くと、歯磨き粉を使わずに塩で磨いていると言う人が多くいらっしゃいますよね。

中には、指に直接塩をつけて磨くなんて人もいます。
歯ブラシを使わなくても、意外なほどスッキリ磨けると言います。

塩を使った歯磨きは、歯に良い効果を与えるのでしょうか。

そもそも、歯磨きは歯磨き粉をつけずとも正しいブラッシングを行えば、虫歯や歯周病の予防に効果があります。

歯磨き粉は、歯に付いた歯垢を効果的に落とすことが目的の物です。

正しいブラッシングはなかなか難しいですし、歯磨きに長時間掛けられる人も多くありません。

歯周ポケットや歯の細かい場所には、液状化した歯磨き粉によって歯垢を除去する方法がとても効果的です。

では、そんな歯磨き粉の変わりに塩を使う事にはどの様な効果が期待出来るでしょうか。

まず、塩には殺菌作用があります。

塩分によって唾液が多く分泌される事も、口内環境を整える意味では効果があります。
さらに、歯肉の引き締め効果があります。

加えて、塩には炎症を抑えてくれる効果があるので、口臭を減らす効果が期待できます。

塩を使った歯磨きには、立派な効果が認められていたのですね。

でも、メリットばかりではありません。

塩は、そもそも刺激の強い物質なんですね。

なので、歯茎に炎症がある時に塩で歯を磨いたりすると、出血してしまう可能性があります。

特に粗塩だと粒も大きいので歯茎を傷つけてしまいます。

また、塩を使うので当然塩分摂取量が多くなってしまいます。

気をつけていても、多少の塩水を飲み込んでしまいますよね。
特に高血圧の人などは、注意が必要です。

ところで、塩を使った歯磨きには、歯を白くする効果はあるのでしょうか。

茶渋などによる着色汚れには、塩の歯磨きが効果的だと言われています。

茶渋の原因であるタンニンが塩とくっつく事で、歯の表面から剥がれ落ちるのです。
ですから、タンニンが原因の着色汚れには塩の歯磨きは効果的ですよ。

塩の歯磨きで歯を白くする方法を探すと、塩+レモンの組み合わせを目にします。
なんだか効果がありそうな組み合わせですよね。

でも、この組み合わせは危険ですよ。
歯の表面にあるエナメル質は、酸に溶けます。

つまり、レモンでエナメル質を溶かし塩で傷つけてしまうことになるのですね。

塩で歯を磨くことは、歯を白くする効果は部分的です。
ですが、口内をスッキリさせる意味ではとても良いですね。

ただ、デメリットもあるのでメリットデメリットを比較して自分に合うようだったら試して見て下さいね。

コメントは受け付けていません。