絶対ダメ!歯を白くするために、激落ちくんは使用禁止!

少し黄ばんでしまった歯を白くすることが出来ないかと悩む人は少なくありません。

でも、歯医者のホワイトニングはかなり高額な予算が必要ですよね。

そんな時にふと台所に目をやると、そこには「激落ちくん」が。

「コップの頑固な茶渋も取ってくれる激落ち君なら、歯の黄ばみも取ってくれるのでは?」
と、思いながらもチャレンジ出来ない方々のために、激落ちくんで歯のホワイトニングが出来るか調べてみました。

激落ちくんは、洗剤を使わず水だけで汚れを落としてくれる、優れたスポンジですよね。

こんなに汚れを落とす効果があるなら、歯も白くしてくれるかもって思いますよね。

洗剤など使わないから、体に悪いこともなさそうだし。

ネットには、激落ちくんで歯が激白くなったと言う報告も溢れています。

でも、激落ち君で歯を磨くのは絶対止めて下さいね!

チャレンジ出来なかった方は、これからもチャレンジしないで下さい。

激落ちくんを使っての歯磨きは、歯を悪くしかしません。

まず、激落ちくんの注意書きには
「凸凹の面や吸水性のある面には適さない」
と言う意味のことが書いてあります。

吸水性があって表面がデコボコしている歯にはそもそも向きません。

でも、それ以上の問題を抱えています。

激落ちくんは、「メラミンフォーム」と言う素材を使っています。

メラミンフォームは、メラミン樹脂をミクロン単位で発泡させた物で、硬度の高い骨格構造をしています。

硬度が高いけれども泡なので、汚れを削ってはポロポロこぼれていきます。

激落ち君を使ったことがある人は、激落ち君が想像以上に壊れやすいと判りますよね。

そんなポロポロこぼれ落ちた激落ち君を、誤って飲み込んでしまったりすると、人体にどんな副作用が出るか判りません。

激落ちくんは製造過程でホルムアルデヒドが残留する場合があることがわかっています。
ホルムアルデヒドの残った激落ち君を食べてしまうことになりかねません。

激落ち君を使って歯を磨くこと事態も、歯に良くありません。

激落ちくんは、物体を研磨して汚れを落とします。

激落ちくんを使って歯を磨くと歯の表面の汚れどころではなく、歯の表面のエナメル質も削るし歯茎も傷つけます。

激落ちくんで削ると、その傷は数ミクロンと言う小さな傷になるので、一見すると健康な歯の様に見えてしまいます。
でも、確実に削られているのです。

激落ちくんを使うと、一見歯が白くなる様に見えます。

でも、歯の健康な部分まで削ってしまい口内環境がかなり悪くなってしまいます。
面白半分でも、絶対止めて下さいね。

コメントは受け付けていません。