歯を白くするガムって本当に効果があるの?

歯を白くしたいなと考えていても、いろいろ面倒そうなのでなかなか実行に移せない人は少なくないですよね。

総合的に考えると、歯のホワイトニングは優先度があまり高くなかったりします。

でも、「お手軽に歯を白くできるのならやってみたい。」
そう考える人は多いのではないでしょうか?

中には重曹を使った簡単ケアも話題になっていますよね。
重曹の歯のホワイトニング効果については【重曹を使ったら歯を白くする効果あり?】を読んで下さい。

そんな人がつい手に取ってしまうのが、ホワイトニングガムではないでしょうか。

ガムを噛むだけで歯が白くなるなんて、お手軽ですよね。

ガムを噛む習慣のある人は、ガムの種類を変えるだけで良いなんてうってつけです。

でも、本当に効果はあるのでしょうか。

結論的には、「歯を白くするガム」に歯を白くする効果はあります。

でも、少し注意が必要です。

では、歯を白くするガムがどの様な方法で歯を白くするのかを見てみましょう。

歯を白くするガムは、キシリトール系のガムに「メタリン酸ナトリウム」を配合しています。

メタリン酸ナトリウムは、ホワイトニング効果のある成分です。
歯の表面のエナメル層と、食事などで付着する汚れ(いわゆる、ステインです)の間に入り込んで、汚れを浮かせる効果があると言われています。

ただ、ホワイトニングガムの中には、メタリン酸ナトリウムはごく少量しか含まれていません。

すでに黄ばんでしまっている歯を白くするほどの量は、含まれて居ないのが実情です。

歯を白くするガムは、歯を白くするのではなく、歯の色素沈着を防ぐ効果があります。

食後に、歯を白くするガムを噛むことで、歯磨きを行っているのと同じ効果を得られます。
ですので、食べ物による色素沈着を防いでくれるのです。

また、ガムを噛むことで、唾液が分泌されるので口内が中性に保たれます。
虫歯を抑制する作用もあるのですね。

メーカーが謳うように、ガムを噛むことだけで、歯をホワイトニングしてくれるわけではありません。

ですが、普段から食後にこのガムを噛むことで歯の色素沈着を抑え、白い歯を維持する助けをしてくれることは確かです。
メーカーの宣伝文句が、少しオーバーだったのだと思ってください。

黄ばんでしまった歯を白くする効果はありませんが、これ以上の色素沈着を抑える効果はあります。

ホワイトニングガムは、国内産ではキシリトールホワイトしか販売されていません。

輸入品であれば、スーパースマイル ホワイトニングガムなどをamazon経由で買うことが出来ます。
ただ、少しお値段がはります。

ホワイトニングガムで色素沈着を防ぎたいなら、毎食後20分以上ガムを噛んで下さいね。
日常のケアを行うことも歯のホワイトニングには大切なことですよ。

本当に歯のホワイトニングをしたいのなら、ガムと一緒に、歯医者に行ってホワイトニングをしてもらうか、ホワイトニング効果のあるオーラルケアを行いましょう。

コメントは受け付けていません。