アルミホイルで歯を白くする方法!でも、それって安全なの?

歯の色が黄ばんでいることが気になって悩む人は少なくありません。

昔、芸能人は歯が命なんてCMがありましたが、今は一般人でも歯の白さを気にします。
かと言って、毎日時間をかけて歯磨きしても、ホワイトニングを謳う歯磨き粉を使っても、なかなか歯は白くなりません。

歯科医に言ってホワイトニングしてもらおうとしたら、かなり高額な料金になってしまいます。

だから、みんな身近な方法で歯を白くする方法はないかと考えるのですよね。
今、少し評判になっている方法はアルミホイルを使った方法です。
詳しく見てみますね。

アルミホイルを使った歯のホワイトニング方法は難しくありません。

用意するのは、アルミホイルと重曹です。

まず、歯の表面に重曹をまんべんなく塗ります。
アルミホイルでその歯を覆います。

そのまま、1時間以上放置すると、汚れが落ちて歯が白くなると言う事です。

確かに簡単です。
でも、これはなかなか危険な方法と言えます。

重曹は、湯のみやカップの底にこびり付いた茶垢やシミを落とすのに利用しますよね。

それを考えると、重曹で歯の汚れを落とすことも可能です。

ですが、重曹は強力な研磨力で汚れを落とします。
そんな強い研磨力を使ってしまうと、歯の汚れどころか歯の表面のエナメル質まで削ってしまう可能性が高いのです。

歯のエナメル質は、歯の表面を守る役割を担っています。

冷たいアイスをかじってもアツアツのおでんをかじっても、健康な歯を持った人は痛みをそれほど感じません。

でも、エナメル質が削られその下に隠された象牙質がむき出しにされてしまうと、ちょっとした氷水を飲んだだけでも痛みを感じたりしみたりします。

いわゆる、知覚過敏になってしまうのですね。

それだけではなく、歯のエナメル質は虫歯を防ぐ役割も持っています。
エナメル質がなくなり象牙質だけになってしまうと、虫歯菌はどんどん歯を侵食してしまいます。

アルミホイルと重曹は、お手軽に歯の汚れをとってくれます。

しかし、一緒に歯のエナメル質も取り除き口内環境を悪くしてしまう可能性が非常に高いです。
メリットとデメリットを比較しても、アルミホイル+重曹を使ったホワイトニングはおすすめ出来ません。

実は、昔から研磨剤の入った歯磨き粉は歯に良くないと言われていました。

理由は先ほど述べたとおり、エナメル質までも傷つけてしまうからです。

歯のホワイトニングをしたいなら、研磨剤を使わない方法を選んで下さい。

最近では、研磨剤を使用しないホワイトニング歯磨き粉が登場しているので、そちらを利用することをおすすめしますよ。

コメントは受け付けていません。